どうも。

今日は予約がキャンセルになってしまったので、、、大洲にボランティアに行ってきました!

過去に
東日本大震災のボランティアで岩手県に。
九州の震災で熊本にボランティアで参加したことがありますが、
まさか地元で災害ボランティアに参加する日が来るとは…

初めて一人で参加するので緊張しましたが、いざ行ってみれば割と一人の人もいました。
そして意外と女性も多いのに驚きました。高校生と思われる若者もいましたよ!えらい!!!

さて。
大洲のボランティアの参加の仕方。
大洲総合福祉センターに行くと、今日の受付場所が教えられます。
※集まり具合によってボランティアに行く場所が変わるようです。

大洲市社会福祉協議会災害ボランティアセンター情報

受付と同時にボランティア保険に加入後、ボランティア現場へ。
車の人は各自集合で、車のない人にはバス等があるようでした。

今日ぼくが参加したのは大洲の上流、肱川エリア。
肱川ダムの近くです。

道中では橋が落ちていたり、、、土砂崩れしていたり、、、家が壊れていたり、、、
ショッキングな光景も。

一軒は荷物の運び出し。
もう一軒は土砂の掻き出しをお手伝いしました。

今日は猛暑の影響もあり、作業は一人2時間以内という制限。
受付場所には飲み水や経口補水液、氷などがたくさん用意されていて、ものすごくボランティアに優しい環境でした。
※被災地のものを戴くわけにはいかないので自分の分は自分で持って行っていましたが・・・。

思っていたより短い作業時間しかお手伝いできませんでしたが
社会福祉協議会の方々、お手伝いの方々、そしてボランティア参加者の方々、ありがとうございました。
お疲れさまでした。

また行きます!

宇和島市民しか募集していなかった吉田町も四国四県からの募集に拡大したようです。
https://www.city.uwajima.ehime.jp/soshiki/18/saigai-honbu-volunteer.html

西予市のボランティアについて
http://www.city.seiyo.ehime.jp/kinkyu/4956.html