愛媛県松山市に拠点を置くスキューバダイビングショップ&〈PADI〉ダイビングスクールです。主に松山発、愛媛県愛南町、西予市、高知県柏島、沖ノ島でのスキューバダイビングの講習とファンダイビングツアーを開催しています。

お申込みの流れ

図1ダイビングを始めるにあたって不安なこと、分からないことは何でも聞いてください。年齢、性別を問わず、多くの方が楽しめるスポーツなので、悩みや不安な事も人それぞれです。経験豊富なインストラクターが、しっかりカウンセリングを行います。不安を取り除いたうえで安心してスタートしましょう。
お申込み時に、お申込金と教材代として1万円ご用意ください。残金は学科講習までにご用意いただければ結構です。
※コースに参加する前にPADI病歴診断書を使用してお客様の 過去と現在の健康状態に関しての質問表に記入していただきます。 当てはまる項目がある場合は医師から診断書が必要となります。
図5学科講習は、ダイビングに必要な知識を身につける場です。 事前に自宅学習をしてきていただき、簡単なクイズを含めた復習、補足説明を行います。
●ダイビング器材の選び方や使用前の準備、お手入れの方法など
●水中で快適にダイビングを楽しむための自然環境や生物に関する情報
●水中で困ったり、問題が起きないようにするための安全ルール
●コース修了後の楽しみ方やステップ・アップについてプラン作りなどを5つのセクションで学びます。
最後に50問のマークシート方式の筆記テストがあります。 しっかりと予習をしていれば、まず落ちることはありません。リラックスして臨んでください。
人数に多少変動しますが、通常4時間程度です。
お菓子や飲み物の持ち込みも自由なので、リラックスして受講してください。

図3ダイビング用のプール、または穏やかで浅い海にて行います。
プール(限定水域)ダイブとは、海洋実習に行く前に、安全で穏やかな場所で水慣れを行ない、 ダイビングで必要となる「スキル」を習得する場です。
●ダイビングを楽しむときに必ず使う基本的なテクニック
●水中で困ったり問題が起きないようにするための安全テクニック
●万が一何か問題が起きた時に備えた確実な対処テクニック などを習得していきます。
最初は水に顔を浸ける所から始めますので安心してご参加ください。
慣れてきたら、水中で呼吸をする。水中に座ってみる。身長よりも深いところに行ってみる。 徐々にステップアップして、最後には必要なスキルを全て出来るようになりましょう。 通常4時間程度で終了します。
持ち物:水着、バスタオル、ビーチサンダル、防寒具、日焼け止め、昼食代(1000円程度)など 海水浴の時と同じです。 ショップ集合、プールまたは海までは送迎いたします。 もちろん現地集合、現地解散も可能です。

図2 海洋実習は、プール(限定水域)ダイブで身につけたスキルを海で実践する場です。
最大水深18メートル、約40分間のダイビングを1日2回(合計4回)行います。 実際に海に潜って遊びながら、プールで身につけたスキルの復習と、いくつかの新しいスキルの 練習を行います。綺麗なお魚が触れそうなくらい近くに寄ってくることもあります。
合計4回のダイビングで、潜水計画から、エントリー(海に入ること)、潜降、コンパスを使って のナビゲーション、浮上、エキジット(海からあがること)まで、自分たちで出来るように練習していきます。より安全に安心して海で遊ぶための講習なので、練習も遊び感覚で覚えていきましょう。
持ち物:水着、バスタオル、ビーチサンダル、防寒具、日焼け止め、昼食代(1000円程度)など 海水浴の時と同じです。 限定水域講習と同様に、ショップ集合にて送迎いたします。もちろん現地集合も可能です。
※海洋実習当日までに、Cカード用の証明写真(3×4㎝)をご用意ください。

全行程が修了したらCカード取得!

おめでとうございます!これでダイバーの仲間入りです!
世界に誇れる四国の海を楽しみましょう!
世界シェア60%以上を占めるPADIのCカードなので、憧れの海外や沖縄の海へダイビング旅行へ出かけることも出来ます。
さらなる上達を目指してステップアップコースにもご参加いただけます。
当店では、皆様のダイビングライフが充実したものになるよう、全力でサポートさせていただきます!


 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-6388-3819 受付時間 12:00-19:00 【不定休】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © リトルブルーダイビング愛媛 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.